おしゃれって何なのさ!

今まで誰も書かなかった「普通に服を着ること」について。

ブサイクがオシャレとかすんじゃねーよ!について

前にも取り上げさせていただいた小林弥起くんのブログにこんな記事があった。

http://www.yaoki-fasnavi.com/entry/no-fashion

「ブサイクがオシャレするな」という意見に共感する人は予想以上に多いらしい。

弥起くん的には他の人の意見も聞きたい、と言うことらしいので自分なりの感想を書く。

 

①みんなと同じ格好しようとしてるからじゃないの?みんなそこまで顔なんか変わらないぞ。

 

みんなその時に流行っている、もしくは良いとされている格好や髪型を一斉にしたらそりゃ似合う人と似合わない人が出てくるでしょ。

スキニーにでかトップスYラインでゲス極マッシュボブに前髪チョロ出し帽子かぶりみたいな「普通でさりげないオシャレ」だと思ってる格好も実はかなり偏った格好。

ジャニーズとか最近の映画に出てる若い俳優みたいなポパイとかメンノンみたいな雰囲気ばっかり目指してないで、同年代じゃないちょっと年上のオシャレなお兄さん達がどんな雰囲気を出してるか見た方がいい。なるべくいろんな(顔)タイプの。

太めで目が細いのやらガリガリで怖そうなのやらゲイっぽいのやらいかつくてヒゲで色黒なのやら。ぬぼーっとしたホームレスっぽいのやら。

全員流行を取り入れていても、みんなちゃんと着崩してるから。この人達も、もしかしたら見る人から見たらブサイクなのかもしれない。

いろんな顔のタイプの人が自分に似合う格好してオシャレなのをよく見て。一言で単純に「ブサイク」と言える人はそうそういない事に気付くはず。

 

②あなたの外人要素が低くて幼さが高いからでは?

 

『なんかブサイクなのに、頑張っている感が出てしんどい』という話ですが、

服を着ることは「自意識」そのものの表出といってよく、デザイン=コーディネートした工程全てが丸見え=何を考えているかが丸見えになるので、考えてみると非常にグロテスクです。

商業デザインのように完成品だけを見せる、というのが通用しないのです。完成という概念がなく、その人の「生」の部分が常にちらちらと表出している状態。

そして着ている本人(が内包しているであろうと周囲が想像する内面)と着ているものの差異が激しいほどグロテスクに見えます。

これが前提。

さらに言い切りますが、洋服を着る上でパッと目につくブサイクさとは「外人要素(外観上の目の大きさ・彫りの深さ&周囲が想像する内面としての外人のカルチャーを知っていそうな雰囲気)のなさ」×「雰囲気の幼なさ」の事です。

外人要素が多く、雰囲気が大人っぽければ大人っぽいほど同じものを着ていてもオシャレに見えます。

ちなみに雰囲気の幼なさとは顔の幼さももちろんあるのですが、

「何をする人(スケボーをする人なんだな、ダンスをする人なんだな、スポーツをする人なんだ、ビジネスマンだな、など)なのかその服装の目的が読めない」人とも言い換えられます。

すごく極端で狭い範囲の事を言うと、目が細くてつり目で凹凸が少ない朝鮮顔で背が低くてガリガリでも、キャラが立っている人は雰囲気が幼くならなかったりします。

(よくあるDQN顔は幼い顔に分類されます。)

芸能人ではない一般の人が仕事以外で「キャラ」を立たせる事は難しいと思います。

これがプライベートのおしゃれの大きなネックになっているのですが、

日本人はもともと顔も趣味も幼い事もあり、多分女の人もどうしても自分との釣り合いを考えて「大人っぽさ」をそこまで求めていないのではないかと思います。

そういうのが好きな人もいると思いますが。

逆に外人要素だけで雰囲気が幼い方がアイドル的には人気が出ると思います。

それが「オシャレ」かは微妙なところなのは分かるでしょうか。

 

洋服はそもそも外人のものなので外人っぽさから離れるほど洋服は着こなせなくなります。

(子供はもともと幼なくて当たり前だから関係なし)

それを踏まえて あなたは頭の中に「他の人から見た自分モニター」を持っていますか?

例えばその辺のおばちゃんでも(この人はなんとなく外人ぽくてオシャレ)とか分かるものです。

 自分はどう見られているでしょう。

服だけの問題じゃないのわかります?

 

 ③若い頃は外見の揺らぎが大きい時期。

 

女は化粧があり、欧米人程ではないがある程度体型にメリハリがある。
男も骨格とか筋肉、彫りの深さなどの身体的条件の大人っぽさがオシャレに与える影響は大きい。

大人っぽい顔と体格であるほど洋服はオシャレに着こなせる。

実は若い時、20代いっぱいくらいまでは男は背が高くても体型が貧弱&顔が幼いからそもそも洋服を着るのに不都合なのである。

同級生でもスポーツをやってて顔が日に焼けてて筋肉がついてる子の方が私服がなんとなくオシャレに見えるのはそのせいもある。

だからその揺らぎを矯正するようなイメージのフレームがキッチリしているコスプレ的な文脈のある服しか似合わない(制服(ブレザー)=いいとこのお坊ちゃん、とか形とイメージが決まっているもの)

日本人は多分いいとこのお坊ちゃんがヤクザの若頭、とか制服美少女が戦う、とかそういうギャップ=グロテスクさが好きだけど、大人が考えるおしゃれはギャップとかいりません。見たままの人が見たままの事をしているのが一番おしゃれ。一見普通のサラリーマンだが…?実はこんな一面(オシャレ/ワルな面)があった!みたいなのは漫画とかアニメならいいけど現実だと普通にそういう人ってなんだかんだダサいと思います。)

 

若い頃というのは日々成長して体型が変わっていく&顔も変わっていくから日によって似合う・似合わないが違うくらいそれだけ若い頃は外見の揺らぎが大きいものなのだ。

顔の血色一つで全然誰だかわからないくらい違う人に見えることもあるし、体型もイマイチはっきりしていない。

若い男はすごい曖昧な見た目をしている生き物なのである。

そもそもブサイクかどうかの判別が難しい時期なのであるから、ブサイクとか気にしなくていいと思う。

どうせ顔は一年後変わってしまうんだから、くらいに思って丁度いいと思う。

 

 以上がブサイクがオシャレすんじゃねーよ!

に対する僕が思う事です。

 

細かく掘り下げるのはまた他の記事で。