読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしゃれって何なのさ!

今まで誰も書かなかった「普通に服を着ること」について。

女の人って本当におしゃれ?

女の人って一般的におしゃれと言われていますが、実際どうなんでしょう。

 

以下妻の意見ですが、自分も概ね同意。

 

最近のインスタとかに載っているおしゃれママ達は、OLみたいな「これから仕事行くんですか?」みたいなコンサバな格好に、

コンバースとかアディダスとかLLビーンのトートとかやたらとカジュアル・ナチュラル系のものを合わせて、それでおしゃれ気取ってるけど、流行りだからかもしれないけど、なんでその格好にそれを合わすの?ってのが多い。

コンサバはどこかに化繊のものが入るけど、
そこに妙にナチュラル・カジュアルなアイテムが入るのはおかしい。

いくら何でも組み合わせにセンスがなさすぎるしスタイルが悪く見えすぎるしダサい。

コンサバはコンサバ、ナチュラルはナチュラルで統一した方がまだマシなのに。

今までLLビーンなんか見向きもしなかったくせに流行りだからって調子こいて侵食してくんなよ。という意見。

 

ちなみに妻は元オリーブ少女

服飾専門学校に通っていて、昔から古着とか着ていたタイプ。

 

これは、僕が思うにレディースにはメンズにはない要素として強い「コンサバ信仰」「流行至上主義=自分の身体の否認」があります。

これは緩やかにメンズにも入り込んできている。要するに、テンプレしか意識にのぼらず、「自分の身体に合わせる」という意識が希薄になっている。

 

自分もレディースはオシャレをするイコール「コンサバな服を着ること」になっている気がします。

「コンサバな服を着こなすことがモテ、美人の条件」という風潮がずっとある。アラサー・ミセス向けも基本的にこれ。

あるレディースのファッションブロガーの

「年取ったら綿とか麻とかナチュラルな素材のものばかり着ているのはダメ。どこかに化繊のものを入れないと高級感がなくなるからオシャレに見えない」という意見からは強いコンサバ信仰を感じます。

 

メンズはあんまり「コンサバ」とか言わないし、雑誌の見出しにもあまりなりませんよね。

叩かれるのを承知で言うと、

本来、コンサバは「年端もいかない若い子」しか似合わない。

日本人は顔が童顔だからまだいいのだけど、基本的にぱっと見で「年齢不詳」系の人しか似合わない。それ以外の人はひたすら若作りをしていくしかない。特に地味な顔だとそう。

だから化粧を濃くするしかない。あと太ると完璧にアウト。

みんなが着てるからわかりにくい&無視されてるけど、実はそもそも日本で言ってるコンサバって実はかっちりしすぎてて「浮く」&「寸足らず」に見える格好だと思う。

(ちなみに男のスーツはこの逆。痩せてる若い時は似合わなくてちょっと年齢が上がって少し肉がついてきた方が似合う。限度はもちろんあるけど)

 

じゃあ何でコンサバ万歳になるのか?

それがどうコーディネートに影響するのか?

キーワードは「流行至上主義=自分の身体の否認」です。

 

次回に続きます。