読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしゃれって何なのさ!

今まで誰も書かなかった「普通に服を着ること」について。

流行りものが好きなのとおしゃれなのは違う

よくおしゃれ指南ブログとかに

「清潔感のあるシンプルな服装に程よく流行を取り入れるくらいが良いでしょう」

とか書いてあると思いますが、実は、

程よく流行を取り入れるというのはそもそも流行ど真ん中のコーデを自分の体型に合わせて出来ないと出来ません。

 割と難しいです。

 

まず「流行を程よく取り入れる」というのは、ベーシックなアイテムを一つか二つ、流行っているものに入れ替える、という意味ではありません。

例えば、いつもの格好の中のシャツだけを流行の形にしたところで「程よく流行を取り入れた格好」にはなりません。

正直やらない方がマシなことが多いです。

 

流行を取り入れる場合、実は最初から意識して「流行っぽいコーディネート」「流行っぽいシルエット」を作ろうとしないとそれっぽくはなりません。

だからと言って、全身流行のアイテムを着るのはあまりオススメしません。

これはまたそのうち書きます。

 

また、特に全身流行のアイテムを使ってテンプレコーデをしている人によく見られるのですが「流行の格好をする」事に意識がいきすぎて、肝心の「サイジングが甘い」人が大変多いです。
見ているとだいたいその人が着るべきサイズ感より「大きい」事が多いです。つまり、流行りものをブカブカで着ている人が多いです。

例えばちょっとゆったり目のサイズ感のTシャツが流行っている、という時、
あなたが今っぽくこなれて見えるサイズは意外とそんなに大きくないです。
単純にワンサイズ大きめを選んだら大きすぎで、実際は「ほんのちょっと大きい」くらいのバランスがちょうどよかったりします。

 

正解は、「流行ど真ん中のテンプレみたいなコーデを自分に馴染むように着崩す」のです。

これをやって初めて「流行を程よく取り入れた格好」になります。

単純に流行ど真ん中のテンプレコーデを自分のサイズ感で組めるレベルは正直「流行りものが好き」レベルだと思います。

 

おしゃれなのは「流行のコーデを自分なりに着崩せる」ところからです。

次点で、一応流行だけれど比較的難易度が高いアイテムをコーデできる、あたりでしょうか。

最近だとたまにバッファローハットなんかをGジャンとかと上手くコーディネートしている店員さんとかを見ると、「おっ!」と思います。

難易度が高い理由としては、そもそもバランス的に日本人に似合う人が少ない、コーデがテンプレ化しにくい、奇抜になりやすい、などがあり、まあ無理に真似する必要もないかと思いますが、そういう人を見ると羨ましいなと思います。

でも、実はそれが全身流行のアイテムだったりするので、次点にしているのですが。

 

まず、雑誌に出てくるような流行のコーデのバランスを自分の身体で再現できること、そしてそれを組むために各アイテムに必要なサイズ感を精査できることが「流行を取り入れ」つつ自然に見える(ニアイコール シンプル)

には必要だと思います。

 

また、これはあくまで見た目についての話です。他にも流行りものが好きなだけでおしゃれじゃない!と言われるポイントはまだまだあるので、言い方を変えて他の機会に書く事にします。