おしゃれって何なのさ!

今まで誰も書かなかった「普通に服を着ること」について。

日本のアパレルは情弱相手の商売?

ショッピングモールなどでめちゃくちゃよく見る風景として、

愛想が悪いオシャレなだけの店員がただそこにいて流行り物のコピー商品のようなものが並んでいる。

子供が触ろうとすると親が「触っちゃダメ!」と言う。価格はファストファッションブランドとあまり変わらないか、やや高い。

今時なんのブランドでもないのに

ベタベタ触ってはいけないと認識されるものを買う人なんかいるんだろうか。

といつも思う。


結局日本のアパレルなんか

情弱相手のテキ屋商売なんだよなあ。

といつも思う。

店構えや内装がそれなりに金かけていても、

売ってるものはその時流行っている海外の何かのパチモノ、店員はそのカルチャーとなんの関係もない見た目だけのただの飾りと賑やかし。


だからもう何年もショッピングモールでふらっと入った店で何か買う気にほとんどなれない。

だからユニクロとか無地T通販とか出来るだけアノニマスなところで買い物をする。


でも本当は社畜が作ったり企画した服は買いたくないし

社畜が働いて、社畜が考えた設計の店にも行きたくない。


これこそ本来日本に必要なフェアトレードなのでは。

サービス残業を強いて人件費を削って作った海外のブランドのパチモノを売ってる店は選ばない、というのが一番意識の高いオシャレさんがやるべき事なのでは。

男女の思考の違いと男のおしゃれクライシス

ふと思ったことがある。

 

女性と男性の食べ物とファッションに対する考え方ってちょうど逆なんじゃないか。


女性

【食べ物】

別に好きじゃなくても身体に良いから、自分の体質を改善してくれると信じているという理由で頻繁に買ったり食べたりする。(いつも食べたりスーパーで買ったりしているが、別に好きってわけじゃない)

【服】

似合うとか似合わないとかではなく好きじゃないものは着たくないし、絶対買わない。故に試着しなくても気に入れば買う。

似合わないと思ったら歳のせいとか髪型のせいだと思う。見た目も含めてキャラというのを仕事の時は甘んじて受け入れるが、プライベートの時までは受け入れられない。

 


男性は逆で

 


【食べ物】

同じお金を使うのであれば、好きなもの(その時食べたいもの)を選んで食べたい。食で満足感を得たい。

【服】

こだわりはあるのだけど、

似合っていないと言われるのはイヤだし、ある程度第三者的な目線で見て、別に好きという程じゃなくても似合って、自分のキャラや身の丈に合ったジャンルやデザインの服をその時の予算感である程度消去法で買う。どうでもいいところは最低限しかお金をかけない。

 


(特に女性は日頃の抑圧されている程度とかストレスとか彼氏とか色々関係してくるとは思うけど)

大雑把に言って素の状態だとこんな感じの人が多い気がする。

 


これって普通に考えると

女の人の方がお金がかかるような気がするんだけど、お金をかけるポイントにあまり根拠がないような感じなんですよね。

会社だったら予算申請とか絶対通んない感じの。

 


しかし結婚して女性が家計を握ると男性には出費に対してやたらとその根拠を求める。

しかし女性ってひとつひとつの部分のこだわりに対する金額があまり高くないから、「雑費」「食費」みたいのに紛れ込ませる事ができる。安いからいいでしょ、みたいな話になる。

服もウィメンズは安いのがいくらでもあるからストレス発散的に試着せずに服を実店舗でもネットでも買っちゃう。

 


男はストレス発散で服を買うと言うよりは、見栄(みえ)とか頭の中のセルフイメージと実際の自分を近づけるためだったり、男性性に対しての自信のなさを払拭したいと思うのが服を買う強いモチベーションだったりするので、

歳を重ねるとこの辺と折り合いがつくようになってきて、自分の定番みたいのを長く着る、みたいな感じにシフトする。

 


でも実はそれと同時に失われていくものとして

単純に「自分が好きな事、感動したこと」をベースにものを選んだり、服を選んだりするのが難しくなっていく。

自分が何が好きなのか、何に感動するのかわからなくなっていく。

おっさんになると一部の人しかそれができていない気がする。

 


これはすごく悲しくて、男性で自分はファッションが好きだと思ってきた人、特にファッション以外に趣味というかプライドというか打ち込める好きな事を持っていない人にとっては鬱になりそうなくらい辛い事実だと思う。

 


ファッションは空っぽなのだ。

だからこそ、みんなカメラだの絵だの楽器だの料理だのいい歳をしてからやり始めるのではないか。

ここ最近、ずーっとメタレベルでその空っぽが怖いと思い始める人はどんどん増えている気がする。ファッション雑誌の特集とかも物欲を煽るというより、その後ろに自分の空っぽを埋めたい、という強迫観念を感じる。

やはりみんなその空っぽに耐えられないのだ。

ファッションは空っぽでいい、と服を買い続けられるのはやはり若い子達なのだ。

 


なんとなく、自分の好きを犠牲にしてきたツケがおっさんになってまわってきているような気がする。

 


なんとなくだけど、多分女性の多くはここまで深刻に考えないと思う。

もっとウジウジせずにスパッと根拠のない好きや嫌いで判断する気がする。

 


結局女性は偉大だし、男性にとって人生のパートナーとして女性はすごく大事で見習うべきところがいくつもある。

 


僕は男が1人でも生きていけるなんてウソだと思う。

 


女ならわかるけど。

買い物依存とオシャレの違い

特にスケーター・ストリート系のファッションをしているおっさんに多いのだが、

同ジャンルの中で別バージョン、幅を広げようとし過ぎて、ただコラボ物とかコレクションしてるだけというかただの買い物依存症みたいになってる人。

最近、90年代リバイバルSTUSSYとかスト系のベタなのが流行っているからそれに便乗してるのか知らないが、若い子に混じってチラホラ見る。

 


そういう人に限って本当はスケーターじゃなかったり(やってたりしてもちょっとかじっただけとか初心者とか)ヒップホップをやってなかったり、ダンスをやってなかったりする。

本来、これらを本気でやってる人の場合、インスタ映え、WEAR映えみたいなそんなにトッピング過多のごちゃごちゃした格好しないと思う。

 

なぜなら動きやすくないから。


ちゃんとそのジャンルをやっている人の場合、その人にちょうどいい具合のバランスになっていく。(コーディネート上、ましてや自撮りする時によく見えるバランスではなく、スケートをする時や踊ったりする時にベストである袖丈や裾丈、パンツのワタリの太さのバランス。アウトドア関係もこれが言える。例えばパタゴニアの着こなしは単純に流行りで着てる人と、年間半分くらい山にいるような人ではそのバランスや色遣いも違うはずである。

ブランドだと

ワコマリアとかクーティーはルード系の丘ブランドだと思ってよい。

丘ギャング。

 


オシャレに見せるためには、

外人要素を上げるために、海外カルチャーのコスプレをするのが近道ではあるが、

それはある程度、強いて言うならショップ店員レベル止まりであり、それ以上の本当のカッコよさを得ようとするなら、そのカルチャーにどっぷりハマらないと得られないのである。

そこが中途半端だと、丘サーファー、丘スケーター、丘ラッパー、のまま無駄に買い物をし続けるだけの買い物中毒者になるだけである。まあ、これはだいたい結婚して子供でもできれば妻に色々言われるのでグッと買う量は減るのだが。はっきりそれは無駄遣い、と言ってくれる人ができるからである。

いい加減、基本的にこういった人達がブランドのいいお客さん(金ヅル・養分)だと言うことを理解した方が良い。

 

本当にラップをやり続けたり、スケートを何10年もやってたりすれば自然と、自分と服との距離がわかるようになり、自分にしっくりくる色、サイズやバランス、ブランドなどがわかるようになる、結局丘〇〇のままだから、この辺がいつまでたってもわからないのである。その結果スケーターならスケーターという括りの中で買い物を繰り返すようになるのである。結局スケーターでもないのに何がしたいの?という格好になっていく。

無駄に金があるおっさんとかこのパターンが本当に多い。

平野歩夢君の服装を見てほしい。

カッコいいとはああいう事である。オシャレに見られたいとか目立つための格好じゃなく、普通に本人に似合う格好だと思う。

彼の服装を見てごちゃごちゃしてるなとかやりすぎだなとか1度でも思うだろうか。

オシャレとはステューシーのコラボとかレアなアイテムをいっぱい持ってる事じゃないのである。

まぁ彼も持ってるかもしれんけど。

買い物ばっかりしてる人達は似合う・似合わないにもっと厳しくなった方がいい。

オタクとネルシャツと海外カルチャー・サブカル③

グランジ(90年代前半〜)】

90年代リバイバルということもあり、

2018年現在最も引用されていると思われる。

 

最近の袖が長い、上ズルズルのサイジングはそもそもグランジ由来でしょう。

アイテム単位で言っても最近の流行のパジャマシャツやオーバーサイズのアウターをガウン的に羽織るのもこれが元ネタです。

 

グランジについては日本人が大好きなカート・コバーンのコスプレのグランジ

f:id:arrowofSagittarius:20180405011540j:image

こういうやつね。

 

と、モード寄りのグランジがあります。

 

f:id:arrowofSagittarius:20180405010958j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180405011034j:image

グランジでネルシャツと言えばカート・コバーン

 

f:id:arrowofSagittarius:20180405012654j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180405011102j:image

長髪も含めてスタイル的には70年代のニール・ヤングに近いものを感じますが、

単純に70年代風ではなく、プリントネルとかのペラペラでズルズルなやつをサーマルとかバンドTとかと前を開けて重ね着して、クラッシュデニムと合わせるのがポイント。

パッチワークとかリメイク系デニムも雰囲気です。

それに加えて奇抜な髪色とか豹柄をはじめとしたキッチュな柄物とかフォックス型サングラスとかのチープなイメージも。

靴はニール・ヤングならマウンテンブーツとか無骨なアウトドアな感じですが、カートはやっぱりスニーカー(もっと言うとジャック・パーセル黒)ですね。

 

モード系グランジだと、

f:id:arrowofSagittarius:20180405011253j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180405011304j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180405011315j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180405011334j:image

90年代当時はマーク・ジェイコブス×ケイト・モスなんかの、チェックシャツやらチェックのスカートを重ねて民族衣装みたいにしてコンバットブーツを履いてコーデュロイアイテムとか革ジャンとか

粗野でチープなイメージやあるいはヒッピーっぽさを打ち出したもの。

あとニットのお下げ髪ポンポン帽みたいのね。

あれはカート・コバーンもかぶってた気がする。

ハリウッドスターなんかでも当時はグランジ本来の汚い、薄汚れたという意味合いが強い、髪の毛を洗ってないベタッとした感じやビーチサンダルなんかのチープで汚いイメージの格好をしていたと思います。

 

f:id:arrowofSagittarius:20180405011409j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180405011440j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180405011459j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180409225537j:image

最近のいわゆるネオ・グランジ?だと

洗練されて着丈が長いチェックネルをスキニーやクラッシュデニムと合わせ、ドクターマーチンなど編み上げ系ブーツなどを使って縦長シルエットを作り、ハットを被る、みたいな感じでしょうか。

レディースで最近流行った着丈長いガウンみたいなチェックシャツはこれですよね。

 

グランジは根底にアンチ・ファッションの考え方があるのでいわゆる日本のオタクのファッションと紙一重な所もありますが、

日本のオタクのように坊ちゃん刈りにネルシャツとデニムを着てれば良い、というような「大人しい」服の着方ではなく、大胆なサイジングや小物遣い、アイテムのチョイスでバナルさやキッチュさを志向していくことでグランジ独特のストリートっぽさが出ると思います。

 

 

f:id:arrowofSagittarius:20180502130554j:image

だからほらね、色々なオシャレ指南サイトが提唱してるようにサイズがジャストなネルシャツを他をモノトーンにして革靴履いて大人っぽく着ても全然かっこよくないでしょ?

 

そんなわけで長々とお送りしてきましたが、

ワークアイテムである「ネルシャツ」はあらゆるファッションにがっつり絡んでいる、ということは理解していただけましたでしょうか。

 

そしてMB(メンズバイヤー)あたりから端を発するきれい目7カジュアル3の脱オタ量産型コーディネートがなんでバカにされるかわかりましたでしょうか。

それらが単純に「大人しいオタクのまま」で「よそいきなキレイ目の格好で街に行きたいキョロ充」向けの幅の狭ーい服の選び方のルールであることがわかりましたでしょうか。

結局これさえ着とけば鉄板とかこのシルエットなら安心とか、量産型が本質的なファッションとか言ってる人はおしゃれじゃないんですよ。

 

絶対こうしたスタイルを知ってないといけない訳じゃないと思うんですが、ファッションはどうしても元ネタがあるので、

今流行ってるものの受け売りで、その場その場で流行りの格好を次から次へとしてるだけだと、少しでもテンプレから外れた格好をしようとするとふとした小物遣いなんかで、分かってない浅ーい感じが出ちゃうんですよね。

その人の本当のおしゃれさをわかりやすく見分ける方法としては、帽子を選ばせて被らせてみればその人のレベルがわかります。

オタクとネルシャツと海外カルチャー・サブカル②

【スケーター (1970年代以降〜)】

f:id:arrowofSagittarius:20180328203909p:imagef:id:arrowofSagittarius:20180328205430j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180328205541j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180328205646j:image

f:id:arrowofSagittarius:20180329020457j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180329020507j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180329020520j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180329020536j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180329020607j:image

一言で言うと一見ガラが悪く見える

「やさぐれKIDS」な感じ。

 

日本で言う西海岸系とは

サーフと70年代スケーターの雰囲気を指すことが多い。

また日本でストリート系というと漠然とゆったり目サイジングを指す。

 

ネルシャツについてはペラッペラなチープな感じのやつを1番上のボタンだけ留める、1番上まで全部留める、カットオフ系のものと一緒にボタンを留めずにラフに着るとかいくつかパターンがある。

またスケートをする格好という名目上、

靴は必ずスニーカー(VANS)である。

 

個人的にはワーク中心のアイテムに

・ネルシャツを腰に巻く

・半端なパンツ丈

・キャップ後ろかぶり

・ソックス見せ

・袖・裾のカットオフ

・フードかぶり

・長袖の上に半袖の重ね着

 

あたりのやさぐれKIDS感を醸し出す

小ネタを効かせることが

スケーターたらしめるポイントだと思う。

全体にスキニーなバランスだろうがこれをやればスケーターっぽいというか。

 

80年代以降のいわゆるスラッシャー系はUSハードコア・ヒップホップ等との相互作用による影響やスケート以外にもBMXとか所謂エクストリームスポーツとの結びつきによって、初期スケーターのナイーブな雰囲気からより過激で厳つくマッチョなイメージになっていく。
1番下のスイサイダル・テンデンシーズの写真のスタイルはむしろギャングスタに近い。

 

また、スケーター全般に言えることだが、スラッシャーマガジンのロゴやらスイサイダル・テンデンシーズのロゴのキャップとかアイコン的なグラフィックを取り入れるより、全体的に無地で地味な感じの方が本当にスケートやってそうで雰囲気があり実は上級者に見える。

 

ちなみに最近やたら流行ってる袖にライン状のグラフィックが入ってるロンTもスケーター由来。

VANSのスニーカーのソールに入ってる市松模様とかの「テープ」から派生したイメージではないか?と思う。

 

 


【ヒップホップ(ギャングスタ)】

f:id:arrowofSagittarius:20180328204027j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180328204045j:image

f:id:arrowofSagittarius:20180328205318j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180330012741j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180330011008j:image

f:id:arrowofSagittarius:20180330014941j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180330014933j:image

ヒップホップでネルシャツを多用するのはスラッシャーと地域的にも近い西海岸のギャングスタ系だろうか。青系のシャドーチェックを1番上まで留めてネックレスをすると雰囲気。

 

スケーターと比べてもっと上下共にオーバーサイズ。

スケーターの「やさぐれKIDS」感よりもとにかくギャングっぽい「ワル」な感じを強調するとそれっぽい。また全体をワントーン気味にするといきなりそれっぽくなる。日本人はサングラスとヒゲは必須。

 

あと1回で終わりです。

 

オタクとネルシャツと海外カルチャー・サブカル①

おしゃれっぽくネルシャツを着る際に

無意識的に意識しているであろう海外カルチャーを思いつくまままとめてみます。

とりあえず前編。

 

【ワークスタイル(1930〜40年代くらい〜?)】

f:id:arrowofSagittarius:20180318005641j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180318005623j:image

本来の用途なので、サブカルではないと思いますが、昔の肉体系労働者のコスプレです。
よくあるのはアメカジワークとかフレンチカジュアルワークとかですかね。


ヒッコリーオーバーオールのインナーにネルシャツ着てその上からカバーオールを羽織って胸に懐中時計でキャスケット被ってレッドウィングのブーツ、さらに赤いバンダナみたいなコテコテのアメカジ兄さんを古着屋さんで見かけますよね…

 

ネルシャツを着ないでボーダーの何かにするといきなりフレンチになります。

 

ワークスタイルも職種(木こり系・炭鉱・牧場・鉄道関係・港湾労働者・エンジニア系とか…)や国・地方などによっていくらでもバリエーションはありますが、

基本的なバランスとしてはパンツをダボっとさせて裾を捲ってワーク系ブーツを見せるとそれっぽくなります。

ネルシャツ(というかシャツ関係全て)については着丈が長くタックイン前提のデザインであるほど本格的っぽいというか、いなたい感じ。あと古い時代のコーディネートの方がカッチリしてると思います。(仕事中に着てたものなのか日曜に教会に行く時とかの一張羅的なアレなのかでも違うと思いますが…)

 

f:id:arrowofSagittarius:20180318005750j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180318005817j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180323002752j:image

また現代風のものほど一般的には全体的に細身のバランスになっていると思います。

普通に現代のブルーカラーの外人さんが着てるネルシャツもここに分類されるでしょう。

一番幅広く解釈ができるやつです。

 

【カウボーイ(1940年代くらい〜?)】

f:id:arrowofSagittarius:20180320020014j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180320020023j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180320020129j:image

f:id:arrowofSagittarius:20180318005858j:image

スナップボタンタイプのネルシャツやデニムシャツが多いイメージですね。

このタイプは袖と裾が長め(馬に乗っている時は腕を前に伸ばしているので袖が前に引っ張られるため袖が長め、前屈みの体勢になっているのでパンツから出てこないように裾長め、というのが定説。スナップボタンは馬に乗ってる時に枝とか引っかかって引っ張られてもすぐ脱げて危なくないようにした結果だそう)でウェストがシェイプされてるものが多く、それに合わせてコーディネートも腰回りがピタッとしている股上浅めのデニムなんかが雰囲気?

どのくらいコテコテにするかがポイントで、女の人の方が思い切ったコスプレをしてる気がします。

けっこう思い切ってやった方がこなれて見えてカッコいいと思うのですが、

男性の場合は萩原流行のせいでハードルが無駄に高くなっている気がします。

 

これらをマイルドにしつつ狭義のロックテイストを混ぜ独自の進化を遂げたのがギャル男系では?

 

 

【アウトドア(1970年代〜)】

f:id:arrowofSagittarius:20180322230349j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180322224744j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180322224817j:image

f:id:arrowofSagittarius:20180322230408j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180322230422j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180323002807j:image

いわゆるヘビーデューティというやつです。

サイズ感的にはジャストのサイジング。

なるべく土臭いアイテムと合わせると雰囲気。街着として考えると70年代のアメリカのバックパッカーあたりのコスプレがちょうど良いのでは?

あとこの辺りからデニムを街着で履くのが一般的になってきたとか。同じデニムでもブッシュパンツの形だといかにもな感じになりますね。

それにしてもメンクラの表紙はコテコテすぎます。斧持ってるし。

 

ホールアースカタログだのビームスだのナイキのスニーカーだのシェラのマンパだの今に至る日本のアメカジの源流。

今の日本のファッション界の重鎮はこの辺が流行ど真ん中だった人達だと思います。

サーファー系も広義ではこの辺のジャンルに含まれるのではないでしょうか。

てかダウンベストさえ着てればアウトドアっぽくなりますよね。

 

【ハードロッカー/バイカー的な何か(1980年代〜カットオフ系多し)】

f:id:arrowofSagittarius:20180318010113j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180318010138j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180318010200j:image

ダム・ヤンキースの写真ばっかりで本当に申し訳ないのですが、こういうアメリカン・ハードロック界隈で割と見かけるスタイルです。

とにかく袖はちぎれてたり捲られてたりします。ワイルドだろう?

このジャンルはGジャンのカットオフ率も高い。

何気にこのスタイルは今っぽいと思いますよ。

 

f:id:arrowofSagittarius:20180318010507j:image

オタクのネルシャツ関係の画像にあったこの人のコーディネートも袖が引きちぎられてないものの実はこの系譜な気がします。中を黒で統一してるから?

 

後半に続きます!

 

【ネルシャツはダサいのか】問題を斬る

定期的に勃発する
「ネルシャツはダサいのか」
問題ですが、
ネルシャツを着てオタクっぽくなってしまう理由はサイジングでも色味でもモノトーン+一色にしてないからでもオーラが無いからでもないです。

以下、それを説明していきます。

 

【そもそもネルシャツは土方服なので海外の労働者がいちばん似合う。日本のオタクにはいちばん似合わない服である】

 

もともとネルシャツはチェック柄・ネル生地とワーク系(肉体労働系)の文脈を強く持つ服で、子供っぽい顔のオタクのイメージにはそぐわないです。

簡単に言えば土方服です。
カジュアルも通り越してワークの極北みたいなシャツ。
外人顔のいかつい体格のワイルド系あんちゃんorおっさんの方が似合うに決まってる。


そして襟が付いてようとドレスシャツと違い日本人が好きないわゆる漠然とした「きれい目よそ行き」コーデと馴染みません。
(例えばテーラードジャケットのインナーには使えないですね。同じワーク系ルーツのピーコートのインナーには使えるけど、世の中ではどちらもきれいめ系アウターだと思われてますね)

なんとなくの見た目だけで日本ではどちらかというとチェックで襟付きというスペックだけで見るからデート服みたいなキレイ目系カテゴリに入れられることが多いですよね。
同じチェックシャツでもバーバリーチェックのシャツとは違います。

 

【ネルシャツは日本の文化に馴染んでおらず、故に子供っぽく見られがち】

 

ネルシャツはアメリカの労働者などは着ていても日本には例えばカウボーイはいないし、農家もご老人だとあまり着ているイメージはありませんよね。

ネルシャツは実は日本の文化に馴染んでいないのです。さらに、そもそもチェック柄も結局は日本人の生活には何のルーツもない、ただ漠然とうるさい柄です。

f:id:arrowofSagittarius:20180318012155j:image

故に襟が付いているもののワイシャツなどに比べ、その人の所属や職業を表しにくく、ただこれを「おとなしく」着ようとしたところで「何をする人」なのかわかりにくく、子供っぽくなりがちです。

子供じゃないのに子供服を着ているような内面/外面のギャップによるグロテスクさだけが強調される結果となります。

 


それ故に着るには外人要素が他の服より多く必要になります。

(単純にチェックシャツ、ではなくあくまで良くあるネルシャツの話です)

 

要するに外人ぽい雰囲気を作らないとネルシャツを着てもこなれて見えないんですね。ちなみに「外人っぽい雰囲気の人」=外人っぽい顔、とは限らないです。

 

f:id:arrowofSagittarius:20180318014227j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180318014240j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180318014438j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180318014416j:image

ちなみに、ノーブランドの通販のネルシャツ着用写真とかを見ると
男女共ものすごくサングラス着用率が高いはずです。
男ならさらにヒゲと帽子。

 

f:id:arrowofSagittarius:20180318013507j:imagef:id:arrowofSagittarius:20180318014142j:image
これらが無い場合は一気に子供っぽくなるので少しでも「ラフ」に見せるために前を開けてインナーを見せたり、正面じゃなく少し斜め横アングルから写真を撮ったり、顔を強調しないようにするなどしてごまかしてると思います。

 

【最適解としての海外サブカルコスプレ】

 

f:id:arrowofSagittarius:20180318014606j:image

多くの日本人は髪型や小物くらいでは全然外人っぽくならないため、
ネルシャツを着こなしている人には
「幼さ」を抑え「何をする人なのか」をカバーするための免罪符として「ワーク系をルーツとする海外サブカル」のコスプレをしている人が多いです。


それくらいわかりやすく所属を示さないと外人要素が間に合わないんですね。

多分雑誌とかでもネルシャツのコーディネートは無意識に何らかのワーク系ルーツの海外サブカルに寄せているはずです。

モード系でチェックネルを使っていたとしても結局はそれらのサブカルをネタとして使って極端にしたものなのでルーツは同じです。

 

最適解と言いましたが、これはあくまで説明のために逆から辿った言い方で、
普通はネルシャツが着たいからスケーターファッションとかヒップホップファッションをしているという人は少ないでしょうから、
それらのカルチャーが好きで、実際にはその中のファッション要素として自然にネルシャツが選択肢に入っていた、という人が1番多いと思います。

 

要するに何らかの海外カルチャーの匂いが感じられない人が着ると浮くのです。


よく見る「ネルシャツはダサいのか」
問題を扱った記事には不思議と海外サブカル要素が足りないから、という視点が含まれているものがありません。

 

次回はこの辺を重点的に書いていこうと思います。